安全のために屋根塗装を頼もう!

屋根塗装耐用年数固定資産

屋根塗装耐用年数固定資産 アパート経営やマンションの1棟を所有している人など、定期的なメンテナンスで多くの費用が必要になる、そのためでも屋根や外壁の塗装は建物を守るために欠かせないリフォームです。
外壁や屋根塗装の費用は、資本的支出か否か判断が難しいケースは多いかと思われますが、支出額が20万円未満の場合やおおむね3年以内の周期で修理もしくは改良が行われている場合は、資本的支出でも修繕費の形で計上することは可能です。
また、資本的支出になるのか修繕費になるのか明らかではない屋根塗装や外壁塗装の場合には、支出額が60万未満になるとき、もしくは修理や改良に係る固定資産の前年12月31日時点での取得価額のおおむね10%相当額以下のいずれかのときには修繕費になります。
減価償却の場合には法定耐用年数が償却年数になりますが、外壁や屋根塗装には個別の法定耐用年数が個別に設定されているわけではないのですが、屋根塗装や外壁塗装のときには国税庁が定めている年数で計算をすることが可能です。

屋根塗装の減価償却は耐用年数に応じて変わる

屋根塗装の減価償却は耐用年数に応じて変わる 減価償却を聞いたとき、節税をイメージする人は多いかと思われますが、アパートのオーナーなどの場合は節税対策が大きな悩みになっているケースは多い、節税対策を怠ると手元に残るお金が徐々に減ってしまうなどの深刻な問題にも発展しかねません。
屋根塗装は外壁塗装と同じく建物を守るために欠かすことができないリフォーム工事、これを怠れば建物の老朽化は早期の段階に生じてしまう、アパート経営が難しくなります。
建物は法定耐用年数が設定されていて償却期間は建物素材に応じて変わります。
仮に、耐用年数が30年の建物を保有していて、償却期間の残りが10年のタイミングで屋根塗装を行ったときには残償却期間10年間が適用されます。修繕費と資本的支出のいずれにすべきか、これは経営状況に応じて異なる部分ですから、税理士などの専門家への相談がおすすめです。
資本的支出にしたときには基本的に定額法が適用されるなど、減価償却を上手に活用してアパート経営の節税対策を行うことが大切です。

-->